「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

長期停電が続く館山にいます

被災地ボランティア-便利屋
私たち東京福祉住環境研究所のメンバー数名は、長年の交流のあるボランティア仲間のSさんが住む千葉館山に来ています。

私たちが到着したのは木曜日でしたが、Sさんから聞いた話では、日曜日の夜中に停電になり、車の充電でなんとか維持してるものの、パソコンもバッテリーが切れ何も出来ない状態だったそうです。Sさんの地域では停電だけですが、他の地域では水も止まっている地域があるとの事で、停電3日目辺りでは暴動が起きるのではないかとSさんも心配していました。ガソリンスタンドも今でこそ落ち着いてきたものの一昨日までは長蛇の列が出来、スーパーでも品薄の状態が続いていました。

それでも一昨日あたりから、スタンドも落ち着きをつり戻し、スーパーも品物が充実しつつあります。

台風15号の被害を受け、停電や断水が今もなお続く館山ですが、Sさんの地域では、やっと電気が復旧しました。
といっても同じ館山でもまだ1万件ほどは復旧しておらず、引き続き不便な生活を余儀なくされている方々がいらっしゃるので、手放しでは喜べません。

ボランティアの参加要綱は各自治体によって違うようですが、館山市においては、千葉県内もしくは近隣に住んでいる人のみとなっています。残念ながら直接ボランティア活動はできませんが、Sさんをとおして間接的にお手伝いをさせて頂いております。

Sさんのボランティアのネットワークを頼りに、一人暮らしの高齢者の家庭に訪問し安否確認をして廻ります。私たちでさえ長期間の停電で参っているのに、高齢者の方の体力の消耗は想像して余りあるものがあります。長期間の停電で冷蔵庫の中の食品は壊滅状態。断水地域ではお風呂に入れず、トイレに流す水もままならない状態です。強風で飛ばされたトタン屋根や屋根瓦が散乱している有様。また、どこかへ飛んでいってしまった物の捜索も高齢者の方には大変な負担になります。残暑が厳しいこの季節で、冷房のない過酷な環境は命の危険に直結するだけに深刻です。

私たちが到着した時には、役所にボランティアの人たちが集まり始めていました。台風被害により屋根瓦が飛ばされたり、家屋の窓ガラスが割れるという事例が多いことから、被害家屋の復旧を手伝って頂けるボランティアを募集しているようです。私たちもSさんのご自宅に宿泊させて頂きながら、地元のボランティアのSさんに同行するという形でお手伝いをさせて頂いております。

訪問した老人ホームでも、停電の影響で厨房の設備などが使えないために入所者の食事が作れないという状況が続いています。職員への負担も大きくなりつつあり、ホームの状況は深刻です。

今の急務は、屋根の応急措置という事で次に来る風雪に備える事が最優先となっています。ニュースでは天候は下り坂に向かうとの事で時間との闘いでもあります。地元の若い人たちも続々とボランティアに参加してくださり、少しずつではありますが、町全体が落ち着きを取り戻していっているような気がします。

当初、東京から持ち込んだ、飲料水・調理不要の食料・ウエットテイッシュ類・ブルーシートなどもあっという間になくなり、先行きが不安でしたが、つい先ほども、先に訪問した老人ホームから電気が復旧したと連絡があり、明るい兆しが見えてきました。

NHKのニュースサイトによると、

千葉県での停電が長期化するなかで、復旧が最も遅くなるとされる自治体のひとつ館山市は、高齢者などの体調悪化が懸念されるとして、市内の宿泊施設に一時的に避難してもらう検討を始めました。
千葉県館山市では、停電が20日間にも及ぶ可能性があるとされ、おおむね復旧するのは、県内で最も遅い今月27日とされています。
これを受けて館山市は、ひとり暮らしなど、体調の悪化が懸念される高齢者を、市内のホテルや旅館などに一時的に避難してもらう検討を始めました。
市によりますと、台風による被害が深刻で、停電が長期化するおそれのある海岸沿いの地区ほど、高齢者の割合が高く、避難所に行かずに自宅で生活を続けている人が多いということです。
市の観光協会によりますとこれまでに、加盟する70あまりの宿泊施設のうち5か所が、受け入れが可能だとしているということです。
市は、高齢者の被災状況や健康状態などの確認を進めて、支援が必要な人を優先する形で、本人が希望すれば、市が費用を負担して宿泊施設に避難してもらうことにしています。
引用元:NHK NEWS WEB

とありました。やっと高齢者の方への支援が本格的になったようでほっとしています。

市内のいたるところに残る台風の爪痕。
エアコンが使えない中、熱中症で倒れる方もいらっしゃると聞き及んでいます。これ以上の健康被害を増やさない事が急務だと思います。
とにかく、高齢者の方のためにも、一刻も早いライフラインの全面復旧を待ち望んでいます。

なお、住民の方のお気持ちを考え、被害の様子をSNSにアップする事は控えさせて頂きます。

イギリスのテレビ番組から取材オファー頂きました~打ち合わせ

先日(5月2日)はかねてからオファーを頂いていたイギリスのテレビ番組の打ち合わせで、朝の8:30に西○○駅前のロイホへ。

某テレビ制作会社の女性とイギリスのテレビ番組の製作監督と打ち合わせをしました。
イギリスの某有名タレントが弊社の業務を体験取材するという内容。

打ち合わせは順調に進み、舞台設定やキャステイングも進み、イギリス人監督と硬い握手。

順調に進むかと思いきや、イギリスの番組側から注文が・・・
どうやら今回の取材の題材が、便利屋の業務の一環ではなくその業務に特化した会社を取材したかった様子。

話し合いをしたものの、結果的に今回の取材撮影は見送りとなりました。
次回は「便利屋」としてのテーマで改めて取材をお願いしたいとの事でした。

(企画が見送りになったのでイギリスの番組名や制作会社は公表出来ませんのであしからず)

NPOか一般社団法人を目指します。障害者施設

福祉事業部のスタッフだった仲間が独立して開業した障害者施設を手伝いに行ってます。
経済的には厳しい状況が続いているようですが、便利屋業の傍らお手伝いさせて頂いてます。
NPOか一般社団法人の設立に向けあわただしい毎日を送っています。まだ団体名などは決まってませんが、決まり次第後報告させて頂きますね。設立時には私も名を連ねる予定です。
東京福祉住環境研究所も何らかの形で関わっていきたいと考えております。

障害者施設の現状はまだまだきびしいものがあります。
報酬が十分ではないと思われ、正規職員や常勤職員の割合を減らす事で、非正規・常勤職員やパート職員でローティションを組まざるを得ない状況にあります。
しかしそれは、正規常勤職員の負担を大きくしているのが現状です。

利用者の尊厳と権利を守りつつ、職員のモチベーションをいかに持続させていけるのか?が今後の大きな課題になると実感しました。
私たちはさらにこの問題にも取り組んでいきたいと考えています。

大手探偵事務所と提携させて頂きました

諸事情により社名は控えさせて頂きますが、某大手探偵社様と業務提携させて頂く運びとなりました。

ご存知の方も多いとは思いますが、探偵業務を執り行うには公安委員会へ届出をする必要があります。届出をしていない者は探偵業務を行う事が出来ません。当然私たちが探偵業務を行う事が出来ないので多岐に渡る様々なご依頼にお応えする事が出来ない場合もありました。

今後は、ご依頼内容に併せて提携している探偵さんに様々な調査を依頼する事が出来ますので、お客様のどんなご依頼にもお答えする事が出来るようになりました。

TV番組の制作会社様より情報番組のオファーを頂きました

弊社は複数の制作会社様とお付き合いをさせて頂いておりますが、以前にもお世話になっている制作会社様より、TVの情報番組での出演・取材のオファーを頂きました。
お蔭様で、以前よりたくさんのオファーを頂いてはいるのですが、、諸事情により見送りさせて頂く場合も多いのが現状です。弊社としては、出来る限りご協力させて頂ければと考えております。今後とも宜しくお願い致します。

WordPressでホームページをリニューアルしました

WordPressでホームページをリニューアルしました。

WordPressは、個人ブログから企業のビジネスサイトまで幅広く利用されています。

WordPressのメリット

無料ブログやHTMLサイトと比べて、どのようなメリットがあるのでしょう。

インストールが非常に簡単

基本的に無料で、更新が簡単(HTML/CSSなどの知識がなくても容易に作成が可能)

テーマやテンプレートが豊富にある

「プラグイン」機能を使えば、高機能なサイトを作ることが出来る

カスタマイズの自由度が高い

更新作業やリストの作成などが容易である

ウィジェットで簡単にカスタマイズ可能

検索エンジンに強い

SEOについて、良く考えられたシステム構造となっている

ブログ等の既存のサービスにあるような制限がない

等の利点があります。

新しいドメイン「.tokyo」でスタートします

ホームページをリニューアルするに際して、東京を表す新しいドメイン「.tokyo」を取得しました。
東京に根差した便利屋を目指します。

「.tokyo」は、東京の地名を表すドメインですので、東京都にある企業や、東京に関連したビジネスをされている企業のWebサイトには最適なドメインだそうです。

『東京は、日本の首都であるとともに、伝統文化・芸能や、最新の流行・最先端技術、多摩・島しょ地域に代表される豊かな自然など、様々な魅力に溢れた都市です。6年後の2020年には、オリンピック・パラリンピック大会も開催されます。
今後、「.tokyo」の利用を通じて、こうした東京の魅力が世界的に広く発信され、東京の発展に寄与してくれることを期待しています。また、世界一の都市を目指している「東京」の知事としては、「.tokyo」が世界一の都市・東京の実現に向けた大きな一助となることに期待を寄せています。』
(2014年4月7日実施「.tokyo」記者発表会時のコメントより)

itnp.netから引用

「.tokyo」