「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

相続争いは仁義なき戦いである~事例からみる揉める遺産トラブル

遺産相続トラブルのコンサルティング

今回は「東京の便利屋」の数あるカテゴリーの中でも、遺産相続トラブルのもめる事例と相続争い解決の為の「相続コンサルティング」について書きます。

遺産相続のスペシャリストである「遺言執行士」が、弁護士とは違う角度から最善のアドバイスをさせて頂きます。

遺産の額が少ないほど相続争いが起きやすいのか?

何かのWeb記事だったと思いましたが、「遺産の額が少ないほど相続争いが起きやすい」とありました。

私たちが相談を受けた事例から申し上げると、確かにそうです。

ただし、遺産の総額が1億円超えの相続件数と1億円以下の相続件数では圧倒的に、1億円以下の相続が多い訳でして、それ故に、「遺産の額が少ないほど相続争いが起きやすい」という結論が導かれたのかも知れません。


相続争いが起こりやすい事例とは?

では、相続争いが起こりやすいケースとはどんなケースでしょうか?
はっきり申し上げてどんなケースが起こりやすいというのはありません。

故人の生前に相続人同士が仲の良かった場合でも、相続争いは勃発します。犬猿の仲ならなおの事です。

ただ、相続が発生してしまったら、お互いに弁護士を入れて淡々と紛争を解決していくケースが多く、血を血で洗う争い(?)に発展するケースはあまりありません。

骨肉の争いが起こるのは、生前に遺産の奪い合い・争奪戦が起こるケースです。
暴行や傷害などの刑事事件に発展する場合も多々あります。

私が受け持っ相談でも何度もありましたし、プライベートでも私の妻が他の相続人から暴行をされて傷害事件にまでなりました。

遺産総額が1000万円以下の事例も例外ではありません。

人は数百万円の為に悪魔にでもなれるのです

それはもう仁義なき戦いとしかいいようがありません。


敵は突然キバを剥いて襲い掛かって来る

財産を独り占めしようする輩は周到に準備し、突然、他の相続人に牙を剥いてきます。

その時、貴方はどうしますか?

抗う術はありますか?

むざむざと敵(と言ってもいいいでしょう)に根こそぎ遺産を奪われますか?それとも徹底抗戦しますか?

もし、闘うという道を選ぶなら、私たちにご相談ください。


弁護士に出来る事、出来ない事

もちろん弁護士に相談されるのも良いかと思います。弁護士は相続財産を守る方法も、独り占めする方法も知っています。法のプロですから・・・

しかし、残念ながらそれを依頼人に勧める事が出来ない場合が多々あります。
なぜなら弁護士は「倫理」から外れた弁護活動をする事が出来ないからです。

しかし、敵は倫理もへったくれもありませんから、次々と攻撃をしてきます。

明らかに違法な行動はこちらの弁護士が対処してくれますが、法で罰せない行為は弁護士でも如何ともし難いのが現実です。

倫理に囚われていては、気づいた時には、全て奪われていたという事態も当然あります。

「目には目を」とは言いませんが、違法でない範囲でこちらも反撃の必要があると思いませんか?


遺産は独り占めできる?

弊社に相談に来られる方の中には、
「遺産を独り占めしたいんだけど・・・」
と相談される方がいらっしゃいます。(結構いらっしゃいます (^^;

そのようなご相談は返答に困ってしまうのですが・・・残念ながら相続財産を独占する方法はありません(きっぱり!!)

「遺留分」というのがあるので、一人の相続人が相続財産を独占したり、他の相続人の取り分を0にしたりする事はできません(例外はありますが、相当ハードルが高く、また、非現実的です)。

遺留分に関しては、民法第1028条 – Wikibooksをご覧下さい。

私たちには、長年培ってきたノウハウがありますので、遺産を多く獲得する裏技は知り尽くしてます。

そのような、幾つかの裏技を使えば、他の相続人の相続分を限りなく0円に近づける方法はあります。

それを知れば、あらかじめ敵の攻撃を予測する事も出来ますし、反撃する事も可能です。


相続コンサルティングの役割

はっきり申し上げて、相続が発生してしまった段階では、弊社でアドバイスさせて頂ける事はあまりありません。優秀な弁護士先生を紹介させて頂く事くらいです。

弊社のコンサルティングは、

「相続が発生する前の段階から、依頼人様の相続財産を守る事」

つまり、

遺産を独り占めしようとする他の相続人から依頼人様の相続財産を守る事です。


相続|遺産分割協議

争続は骨肉の争いである

対応は状況をお聞きしてからのケースバイケースになりますが、油断していると将来あなたがもらえるであろう遺産を敵は根こそぎ奪っていきます。
それだけは肝に銘じておいてください。

敵は突然キバを剥いてきますが、多くの場合、前兆があります。

たとえば、

  • お母さん(将来の被相続人)がそれなりの財産を持っている
  • 推定相続人は、妹(独身)のあなたと兄(妻子あり)の二人
  • お父さんは既に亡くなっている。
  • 妹のあなたが実家でお母さんと同居している。

としましよう。

  • いままであまり実家に来なかった兄(兄夫婦)がやたらと実家にくるようになった。
  • 私の留守を狙ってやって来ては、母と話すようになった。
  • 最近、母に認知症の傾向が見受けられる。
  • 兄はお金に困っている様子だ。お金の無心をされた。
  • 兄夫婦とは反りが合わない。兄嫁は私を避けている節がある
  • 兄が家に来た時に、母の通帳や保険証書を見ているのを目撃した。

などの傾向が見られたら要注意です。
この例の場合、お兄さんが遺産を独り占めする準備を始めている可能性がありますので、ご注意を。

「やったもん勝ち」は絶対許さない

相続問題に限らず、これが私たちの信念です。

まずは、現状をお聞かせください。弊社の遺言執行士(一般社団法人 日本遺言執行士協会 認定)が依頼人様にあった最適のプランを提示させて頂きます。


<ご注意>

弊社の相続コンサルは、将来において依頼人様が貰えるであろう遺産を守る為の最善のアドバイスをさせて頂きます。非弁行為に抵触する行為は致しません。
また、弁護士を依頼人様に紹介させて頂く際、紹介料は頂いておりません。


相続税に関しては、相続税の税率|相続税 |国税庁をご覧下さい。

令和元年台風第15号被害で長期停電が続く千葉・館山にてボランティア

被災地ボランティア-便利屋
私たち便利屋・東京福祉住環境研究所のメンバー数名は、長年の交流のあるボランティア仲間のSさんが住む千葉館山に来ています。

猛威を振るった令和元年台風第15号ですが、関東にも近年稀に見る台風被害をもたらしました。

私たちが到着したのは木曜日でしたが、Sさんから聞いた話では、日曜日の夜中に停電になって以来、スマホはどうにか車で充電出来たものの、パソコンはバッテリー切れで何も出来ない状態だったそうです。Sさんの地域では停電だけですが、他の地域では水も止まっている地域があるとの事で、停電3日目辺りでは暴動が起きるのではないかとSさんも心配していました。ガソリンスタンドも今でこそ落ち着いてきたものの一昨日までは長蛇の列が出来、スーパーでも品薄の状態が続いていました。

それでも一昨日あたりから、徐々にスタンドも落ち着きをつり戻し、スーパーも品物が充実しつつあります。

停電や断水が今もなお続く館山ですが、Sさんの地域では、やっと電気が復旧しました。
といっても同じ館山でもまだ1万件ほどは復旧しておらず、引き続き不便な生活を余儀なくされている方々がいらっしゃるので、手放しでは喜べません。ニュースでは全面復旧にはまだ時間がかかるという事ですが、現地では情報が交錯しており、地域の皆さんは不安を抱えた日々を送ってらっしゃいます。

ボランティアの参加要綱は各自治体によって違うようですが、館山市においては、千葉県内もしくは近隣に住んでいる人のみとなっています。残念ながら直接ボランティア活動はできませんが、Sさんをとおして間接的にお手伝いをさせて頂いております。

Sさんのボランティアのネットワークを頼りに、一人暮らしの高齢者の家庭に訪問し安否確認をして廻ります。私たちでさえ長期間の停電で参っているのに、高齢者の方の体力の消耗は想像して余りあるものがあります。長期間の停電で冷蔵庫の中の食品は壊滅状態。断水地域ではお風呂に入れず、トイレに流す水もままならない状態です。強風で飛ばされたトタン屋根や屋根瓦が散乱している有様。また、どこかへ飛んでいってしまった物の捜索も高齢者の方には大変な負担になります。残暑が厳しいこの季節で、冷房のない過酷な環境は命の危険に直結するだけに深刻です。

私たちが到着した時には、役所にボランティアの人たちが集まり始めていました。台風被害により屋根瓦が飛ばされたり、家屋の窓ガラスが割れるという事例が多いことから、被害家屋の復旧を手伝って頂けるボランティアを募集しているようです。私たちもSさんのご自宅に宿泊させて頂きながら、地元のボランティアのSさんに同行するという形でお手伝いをさせて頂いております。

訪問した老人ホームでも、停電の影響で厨房の設備などが使えないために入所者の食事が作れないという状況が続いています。職員への負担も大きくなりつつあり、ホームの状況は深刻です。

今の急務は、屋根の応急措置という事で次に来る風雪に備える事が最優先となっています。ニュースでは天候は下り坂に向かうとの事で時間との闘いでもあります。地元の若い人たちも続々とボランティアに参加してくださり、少しずつではありますが、町全体が落ち着きを取り戻していっているような気がします。

当初、東京から持ち込んだ、飲料水・調理不要の食料・ウエットテイッシュ類・ブルーシートなどもあっという間になくなり、先行きが不安でしたが、つい先ほども、先に訪問したグループホームから電気が復旧したと連絡があり、明るい兆しが見えてきました。

NHKのニュースサイトによると、

千葉県での停電が長期化するなかで、復旧が最も遅くなるとされる自治体のひとつ館山市は、高齢者などの体調悪化が懸念されるとして、市内の宿泊施設に一時的に避難してもらう検討を始めました。
千葉県館山市では、停電が20日間にも及ぶ可能性があるとされ、おおむね復旧するのは、県内で最も遅い今月27日とされています。
これを受けて館山市は、ひとり暮らしなど、体調の悪化が懸念される高齢者を、市内のホテルや旅館などに一時的に避難してもらう検討を始めました。
市によりますと、台風による被害が深刻で、停電が長期化するおそれのある海岸沿いの地区ほど、高齢者の割合が高く、避難所に行かずに自宅で生活を続けている人が多いということです。
市の観光協会によりますとこれまでに、加盟する70あまりの宿泊施設のうち5か所が、受け入れが可能だとしているということです。
引用元: NEWS WEB 千葉県災害関連情報

とありました。やっと高齢者の方への支援が本格的になったようでほっとしています。

市内のいたるところに残る台風の爪痕。
エアコンが使えない中、熱中症で倒れる方もいらっしゃると聞き及んでいます。これ以上の健康被害を増やさない事が急務だと思います。
とにかく、高齢者の方のためにも、一刻も早いライフラインの全面復旧を待ち望んでいます。

天候の確認は、気象庁(国土交通省)ホームページでご確認ください。

なお、住民の方のお気持ちを考え、被害の様子をSNSにアップする事は控えさせて頂きます。

イギリスのテレビ番組から取材オファー頂きました~打ち合わせ

先日(5月2日)はかねてからオファーを頂いていたイギリスのテレビ番組の打ち合わせで、朝の8:30に西○○駅前のロイホへ。

某テレビ制作会社の女性とイギリスのテレビ番組の製作監督と打ち合わせをしました。
イギリスの某有名タレントが弊社の業務を体験取材するという内容。

打ち合わせは順調に進み、舞台設定やキャステイングも進み、イギリス人監督と硬い握手。

順調に進むかと思いきや、イギリスの番組側から注文が・・・
どうやら今回の取材の題材が、便利屋の業務の一環ではなくその業務に特化した会社を取材したかった様子。

話し合いをしたものの、結果的に今回の取材撮影は見送りとなりました。
次回は「便利屋」としてのテーマで改めて取材をお願いしたいとの事でした。

(企画が見送りになったのでイギリスの番組名や制作会社は公表出来ませんのであしからず)

NPOか一般社団法人を目指します。障害者施設

福祉事業部のスタッフだった仲間が独立して開業した障害者施設を手伝いに行ってます。
経済的には厳しい状況が続いているようですが、便利屋業の傍らお手伝いさせて頂いてます。
NPOか一般社団法人の設立に向けあわただしい毎日を送っています。まだ団体名などは決まってませんが、決まり次第後報告させて頂きますね。設立時には私も名を連ねる予定です。
東京福祉住環境研究所も何らかの形で関わっていきたいと考えております。

障害者施設の現状はまだまだきびしいものがあります。
報酬が十分ではないと思われ、正規職員や常勤職員の割合を減らす事で、非正規・常勤職員やパート職員でローティションを組まざるを得ない状況にあります。
しかしそれは、正規常勤職員の負担を大きくしているのが現状です。

利用者の尊厳と権利を守りつつ、職員のモチベーションをいかに持続させていけるのか?が今後の大きな課題になると実感しました。
私たちはさらにこの問題にも取り組んでいきたいと考えています。

新しいドメイン「.tokyo」でスタートします

ホームページをリニューアルするに際して、東京を表す新しいドメイン「.tokyo」を取得しました。
東京に根差した便利屋を目指します。

「.tokyo」は、東京の地名を表すドメインですので、東京都にある企業や、東京に関連したビジネスをされている企業のWebサイトには最適なドメインだそうです。

『東京は、日本の首都であるとともに、伝統文化・芸能や、最新の流行・最先端技術、多摩・島しょ地域に代表される豊かな自然など、様々な魅力に溢れた都市です。6年後の2020年には、オリンピック・パラリンピック大会も開催されます。
今後、「.tokyo」の利用を通じて、こうした東京の魅力が世界的に広く発信され、東京の発展に寄与してくれることを期待しています。また、世界一の都市を目指している「東京」の知事としては、「.tokyo」が世界一の都市・東京の実現に向けた大きな一助となることに期待を寄せています。』
(2014年4月7日実施「.tokyo」記者発表会時のコメントより)

itnp.netから引用

「.tokyo」

大手探偵事務所と提携させて頂きました

諸事情により社名は控えさせて頂きますが、某大手探偵社様と業務提携させて頂く運びとなりました。

ご存知の方も多いとは思いますが、探偵業務を執り行うには公安委員会へ届出をする必要があります。届出をしていない者は探偵業務を行う事が出来ません。当然私たちが探偵業務を行う事が出来ないので多岐に渡る様々なご依頼にお応えする事が出来ない場合もありました。

今後は、ご依頼内容に併せて提携している探偵さんに様々な調査を依頼する事が出来ますので、お客様のどんなご依頼にもお答えする事が出来るようになりました。

TV番組の制作会社様より情報番組のオファーを頂きました

弊社は複数の制作会社様とお付き合いをさせて頂いておりますが、以前にもお世話になっている制作会社様より、TVの情報番組での出演・取材のオファーを頂きました。
お蔭様で、以前よりたくさんのオファーを頂いてはいるのですが、、諸事情により見送りさせて頂く場合も多いのが現状です。弊社としては、出来る限りご協力させて頂ければと考えております。今後とも宜しくお願い致します。

WordPressでホームページをリニューアルしました

WordPressでホームページをリニューアルしました。

WordPressは、個人ブログから企業のビジネスサイトまで幅広く利用されています。

WordPressのメリット

無料ブログやHTMLサイトと比べて、どのようなメリットがあるのでしょう。

インストールが非常に簡単

基本的に無料で、更新が簡単(HTML/CSSなどの知識がなくても容易に作成が可能)

テーマやテンプレートが豊富にある

「プラグイン」機能を使えば、高機能なサイトを作ることが出来る

カスタマイズの自由度が高い

更新作業やリストの作成などが容易である

ウィジェットで簡単にカスタマイズ可能

検索エンジンに強い

SEOについて、良く考えられたシステム構造となっている

ブログ等の既存のサービスにあるような制限がない

等の利点があります。