【相続税対策】養子縁組で法定相続人の数を増やす!最大の節税効果!!

法定相続人を増やすメリット

 

  • 基礎控除額の増加(3000万円+600万円×法定相続人の数)
  • 生命保険金の非課税額の増加(500万円×法定相続人の数)
  • 相続税の総額の計算(法定相続分に応じる取得金額が少なくなり、税率が下がる)

法定相続人が配偶者だけとか、子どもが1人だけという場合は、相続財産から差し引かれる基礎控除額が少なく、それだけ相続税が高くなってしまいます。
そこで、養子縁組をして法定相続人を増やす方法があります。法定相続人が1人増えるごとに基礎控除額が600万円増加します。基礎控除額は平成27年1月から600万円になりました。相続財産がある場合は有効な方法です。

養子縁組の節税効果

 

養子縁組をした場合と、していない場合で相続税はどれくらい変わるのでしょうか。

相続人が2人の場合

  • 基礎控除額(3000万円+600万円×2=1200万円)=4200万円
  • 生命保険金の非課税額の増加(500万円×2人)=1000万円

相続人が3人の場合

  • 基礎控除額(3000万円+600万円×3=1800万円)=4800万円
  • 生命保険金の非課税額の増加(500万円×3人)=1500万円

相続人が2人から3人に増えた事でなんと
1100万円の節税になりました!!

 

節税のために養子縁組を活用することは、資産を上手に残す観点からも効果的です。大切な相続財産を少しでも税金で取られないように事前に準備しておく事が大切です。

関連記事はこちら